応募条件のハードルが低すぎる企業

 「未経験、無資格大歓迎!学歴、年齢は一切問いません!社員全員が未経験からのスタートです!」などと、あまりに応募へのハードルを下げている企業は要注意です。とにかく数多くの人材採用して、1人でも生き残れば良いと考えているような企業がよく使ううたい文句です。

 

提示している労働条件があまりに良い企業

 「入社1年目で年収○○○万円稼げます!」などとあまりに高額な年収をうたっていたり、「頑張り次第でいくらでも稼げます!」などと、抽象的な言葉で高収入をアピールする企業にも注意が必要。実際には新人にはまったく手が届かないような高いノルマを設定しており、それを達成しなければその年収には到底達する事ができない場合がほとんどです。

 

高頻度で求人広告を出している企業

 ネットやフリーペーパーなど、さまざまな媒体で広告を出している企業。また高頻度で大々的に求人広告を出している企業。また毎回広告の打ち出し方が異様に凝った内容の企業は、それだけ人が集まらないかもしくは離職率が高い証拠です。優良企業であれば、そのような手を使わなくとも人材を確保する事が出来るからです。

 

業務内容を具体的に明記していない企業

 「お客様への簡単なご案内係」などと、いったい具体的に何をするのかがわからない書き方をしている時は、激務の飛び込み営業などをさせられる場合が多いです。単純に「飛び込み営業」などと書いてしまうと、人が集まらない為あいまいな表現を使うことがあります。


このページの先頭へ戻る