転職に必要なものはなんでしょうか?若さ、やる気、スキル、個性といったようにいろいろな分野に分かれます、もちろん全て兼ね備えていれば一番いいのですが、そんな人は転職で困ることなどないでしょう。

 

うまく転職するためにはやはり自分のスキルや個性といった強みをまず知ることが大事です、それを持ってからその強みを活かせるような職場を探さないと非効率な転職になってしまいます。

 

 例えば中高年の方がこれから伸びる新しい人材を求めているような職場に希望を出してもそれはスタートから間違っているということになります。何社も面接を受けたけどダメだったという原因はその辺にあるのではないでしょうか?

 

 転職は35歳以上になると難しいというのが業界では通説になっています。最近はその通説が40歳以上まで高齢化しています、要するに最近は中高年でも転職の機会が広まってきたということが言えます。

 

 そもそも転職自体が若者ではなく中高年のほうがニーズがあるはずですので、自分が持っているスキルや経験が活かせるような職場を選ぶことが一番大事なのです。35歳以上といえばやはり企業においては中間管理職クラスです、リーダーシップを取ってプロジェクトを引っ張っていけるような人材を求めているはずです。

 

 転職先を選択する場合にはどういう人材を求めているのか、そして自分はそれに似合っているかを適切に判断することが必要です。



このページの先頭へ戻る